横浜の社労士なら、メイクル経営管理事務所にお任せ下さい!

残業問題の基礎知識

割増賃金について


割増賃金とは
一般的に残業代と呼ばれているもののうち、労働基準法で定められている、法定時間外労働等を
させた場合に労働者に支払わなくてはならない賃金のことです。
※あくまでも法律上の制限を超えた時間に対するものを指します。

時間外労働 :通常の賃金の25%以上割増で支払う
休日労働    :通常の賃金の35%以上割増で支払う
深夜労働    :通常の賃金の25%以上割増で支払う

と法律で定められています。

従って、時間外労働+休日労働(午後10時~午前5時)というケースにおよんだ場合には、
それぞれ5割増以上、6割増以上の賃金を支払わなければなりませんので、
その様な時間帯に労働が発生する場合にはご注意ください。

 時間外労働(25%)+深夜労働(25%)     =50%以上 
 休日労働  (35%)+深夜労働(25%)  =60%以上

  
ちなみに、休日労働が8時間を超えたとしても、その部分は時間外労働にはなりませんので
30%以上の割り増しでOKです。(休日労働自体が既に時間外労働ですので。)
 
休日労働(35%)+時間外労働(25%)=60% にはならないということです。


↓残業問題の基礎知識に関する詳しい説明は、以下をお読み下さい↓
     
36協定について

サービス残業とは

割増賃金について

法定外労働について

残業トラブル事例

残業代半減簡易診断

まずは、お気軽にお問合せ下さい

社労士・行政書士 海田正夫 無料相談はこちら
0120-855-464
トップに戻る  お気に入りに追加

残業問題、労働問題全般なら、20年の実績!メイクル経営管理事務所

 
また、その他のコンテンツについては、こちらを参考に下さい!
費用 セミナー実績 事務所概要