横浜の社労士なら、メイクル経営管理事務所にお任せ下さい!

残業対策

社労士・行政書士 海田正夫  残業対策について‥
残業問題とは、多くは、残業代の未払いで労基署に駆け込まれることが非常に多くなっています。
しかし、それは社長が36協定サービス残業のリスク、割増賃金法定外労働についての知識がない事に起因しているのです。
まず、当事務所では、以下のような残業問題の基礎知識のコンテンツを用意しておりますので、ご覧下さい。また、残業代を削減するメニューも御座いますので、併せてご覧下さい。

36協定について
サービス残業とは
割増賃金について
法定外労働について


※また、労働基準法が改正になり、平成22年から残業代(割増賃金)が時間当たり賃金で25%もアップします。

労働基準法改正の詳細内容はこちらをクリック!


当事務所では、残業代削減のための施策を下記のようにサービスを取り揃えております。


1.残業代半減簡易診断
(貴社の残業代の現状分析と残業対策後のシュミレーションをするパック)


2.残業代半減基本パック
(現在の残業代体系を見直し、最低限の残業代対策を実施するパック)

3.残業代半減おまかせパック
(新しい残業代体系に不満な従業員さんを同意させるための個別対応まで実施します。)

4.残業代半減フルサポートパック
(完全な残業代対策と、会社の包括的な労務問題も相談できる一番お得なパック)