横浜の社労士なら、メイクル経営管理事務所にお任せ下さい!

Q&A

2つの事業所に勤務している場合、労働時間の算定の仕方はどうなっていますか?

☆ Answer


最初の事業所の労働時間と2つ目の事業所の労働時間を合算します。
結果として8時間をオーバーし時間外労働となる場合は、オーバーすることと
なった方の事業所で時間外割増手当を支払います。
そうなると普通は2つ目の事業所で時間外労働の扱いとなります。


対策

2つの事業所に勤務する場合の社会保険・労働保険の取り扱いが気になるところです。
雇用保険はその者の主たる賃金を得る事業所の方の雇用関係のみ被保険者として扱いますので、
賃金の多い事業所のみ保険料を徴収します。
健康保険・厚生年金の場合は原則的には2つの事業所から得る賃金を合算して標準報酬を決定し、
事業所負担分はそれぞれの事業所で支払う賃金額で按分して負担します。
ところが社会保険はその事業所に常勤の者のみ資格を取得します。
2つの事業所に勤務するということはどちらかが非常勤になるはずですのでこの様な取り扱いは
実務ではあまりしません。
2つの会社とも社長であるなどの場合に限って行うものと考えてよいでしょう。


その他のQ&Aはこちら!

>>研修時間の扱いについて
>>就業時間前の労働の扱い
>>健康診断について
>>出張について
>>複数の事業所に勤務する場合
>>業種規模による法定労働時間
>>フレックス制について
>>休憩時間の取り方について
>>残業中の休憩時間
>>残業時間単位について
>>臨検とは
まずは、お気軽にお問合せ下さい

社労士・行政書士 海田正夫 無料相談はこちら
0120-855-464
トップに戻る  お気に入りに追加

残業問題、労働問題全般なら、20年の実績!メイクル経営管理事務所

 
また、その他のコンテンツについては、こちらを参考に下さい!
費用 セミナー実績 事務所概要