横浜の社労士なら、メイクル経営管理事務所にお任せ下さい!

Q&A

法定労働時間では業種規模で違うということですが詳しく教えて下さい。

☆ Answer

労働基準法には労働時間の原則として、「休憩時間を除き、1日については8時間、1週間については
40時間を超えて労働させてはならない」と規定されています。
この例外として、変形労働時間制やフレックスタイム制がありますが、その他に業種によって1週間の
労働時間を44時間まで認めているものがあります。
その業種は、常時10名未満の労働者を使用する、商業、配給、賃貸、
理容の事業、映画の制作、映写、演劇その他の興業の事業、旅館、料理飲食、
接客娯楽の事業です。
また自動車の運転については、労働省告示により、拘束時間と休憩時間、
荷待ちや客待ち時間などの基準が定められています。

対策

業種と規模で決まっている1週間44時間の事業については、1か月単位や1年単位の
変形労働時間制、フレックスタイム制でも認められますので、その範囲で活用することができます。

また常時10名未満とは事業場ごとに数えますので、例えばガソリンスタンドや料理店を何箇所か
経営していて企業全体では10名を大きく超えていても、1つ1つの事業場が10名未満であれば
適用されます。



その他のQ&Aはこちら!

>>研修時間の扱いについて
>>就業時間前の労働の扱い
>>健康診断について
>>出張について
>>複数の事業所に勤務する場合
>>業種規模による法定労働時間
>>フレックス制について
>>休憩時間の取り方について
>>残業中の休憩時間
>>残業時間単位について
>>臨検とは
まずは、お気軽にお問合せ下さい

社労士・行政書士 海田正夫 無料相談はこちら
0120-855-464
トップに戻る  お気に入りに追加

残業問題、労働問題全般なら、20年の実績!メイクル経営管理事務所

 
また、その他のコンテンツについては、こちらを参考に下さい!
費用 セミナー実績 事務所概要