横浜の社労士なら、メイクル経営管理事務所にお任せ下さい!

Q&A

終業時刻を早く切り上げるために休憩時間を最後にもって来るのは認められますか?

☆ Answer


休憩時間は労働時間の「途中」に与えることが労働基準法に明記されている
ため、休憩時間を労働時間の最初や最後に移動することは認められません。


対策

労働基準法上、休憩時間は「労働時間が6時間を超える場合には少なくとも45分間、8時間を超える
場合には少なくとも1時間の休憩時間を労働時間の途中に与えなくてはならない。」とされています。

つまり労働時間が6時間の場合には休憩時間を与える必要がなく、8時間の場合には45分間でよい
ことになります。

ほとんどの会社では7時間労働または8時間労働で1時間の休憩時間としていると思いますが、
これを45分間にするには不利益変更となり従業員の個別同意が必要となります。



その他のQ&Aはこちら!

>>研修時間の扱いについて
>>就業時間前の労働の扱い
>>健康診断について
>>出張について
>>複数の事業所に勤務する場合
>>業種規模による法定労働時間
>>フレックス制について
>>休憩時間の取り方について
>>残業中の休憩時間
>>残業時間単位について
>>臨検とは
まずは、お気軽にお問合せ下さい

社労士・行政書士 海田正夫 無料相談はこちら
0120-855-464
トップに戻る  お気に入りに追加

残業問題、労働問題全般なら、20年の実績!メイクル経営管理事務所

 
また、その他のコンテンツについては、こちらを参考に下さい!
費用 セミナー実績 事務所概要