横浜の社労士なら、メイクル経営管理事務所にお任せ下さい!

Q&A

残業の場合の休憩時間に何か定めはないのですか?

☆ Answer

残業の最中に休憩時間を与えるかどうかについては定めはありません。

対策
残業がそのまま次の日の始業時刻まで続くことがありますが、その場合にどこからどこまでが
どの時間帯になるかについては次のとおりとなります。

前日の終業時刻から次の日の始業時刻までが残業時間となり、その間に深夜時間があれば
その間は深夜残業時間となります。
そして前日の始業時刻から次の日の始業時刻までを1つの勤務として考えます。
従がって1つの勤務中前日のお昼に休憩をしているのでそれ以外には休憩時間を与える必要がない
ことになります。

但し、これは法律上のことで、労務管理上はこの様に長い時間残業をさせるのであれば
残業中に休憩時間を与えることは充分に考えられることだと思います。



その他のQ&Aはこちら!

>>研修時間の扱いについて
>>就業時間前の労働の扱い
>>健康診断について
>>出張について
>>複数の事業所に勤務する場合
>>業種規模による法定労働時間
>>フレックス制について
>>休憩時間の取り方について
>>残業中の休憩時間
>>残業時間単位について
>>臨検とは
まずは、お気軽にお問合せ下さい

社労士・行政書士 海田正夫 無料相談はこちら
0120-855-464
トップに戻る  お気に入りに追加

残業問題、労働問題全般なら、20年の実績!メイクル経営管理事務所

 
また、その他のコンテンツについては、こちらを参考に下さい!
費用 セミナー実績 事務所概要